チャンスを見逃さない転職時期【季節編】

一般的に求職者が増える時期と言われるのが賞与後の7・8月と12月。また、新年度からと気持ちの切り替えやすい4月入社を希望しての2・3月に活動される人も一定数いる事と思います。その為、この時期は競争もありますが、求人を大きく手配する企業も多いとも言えます。

特に正規雇用での採用を考える場合、求職者の多い時期の求人と不定期に公開される求人では、特徴にどのような違いがあるのかを簡単に纏めるとこうなります。

ボーナス後の離職者を狙った求人は一般職が多く、不定期な募集は当たりはずれも多い。

転介の持っている勝手なイメージかも知れませんが、こう考えて転職活動をする事で見えてくるものや活動の方向が定まる方もいるはずだと思いあえて明言致します。それでは、この仮定を具体的な転職活動にどう生かせばいいでしょうか。

ボーナス後に離職・就活するなら 

比較的規模が大きく人事予算管理の確りとした工場や、組織管理体制の制度が明確な中堅企業に安定したポジションで就業を希望される方におススメではないかと思います。

採用における予算や受入れの段取りなどにも影響を与える為、効率的を考え予め事業期の中でも区切りやすいタイミングで採用を行う事が多いからです。

そして、始めは作業的な役割を期待された業務での配置、定型化された役割での配置となる事が想像されます。計画された採用枠での入社は新入社員にとってはストレスや負担が掛かりにくい環境である事に間違いはありません。

これで好印象

もし、在職中の方がこの時期に転職を考えるなら、2ヶ月程度前に活動を開始し勤務開始日については、応募先企業の提案を受けいれるような体制で臨むのが良いかも知れません。

夏・冬いずれの転職活動期であっても、賞与後直ぐの転職は自身の都合を優先させた結果の動きである事は明白です。人事担当者は、そのような貴方の考えを自社の社員にも重ね残念な印象を持つ事も考えられます。

そこで、自身の行動を省みた上で、次の職場には配慮する姿勢をもっている事が伝わるような対応が望ましいと言えます。

不定期求人での注意点

当然、業界や職種による差異はあるはずですが、管理人 転介の経験上では中小企業の側から見た場合、決められたタイミングのみでの採用と決めている企業は多くありません。

既に転職活動を行われている人は、会社説明や面接の場面で人事担当者が良い人材は時期やタイミングでなく、常に必要としていますと話されるのを聞いた事があるかと思います。

その言葉の裏には、事実として多くの中小企業で、採用を開始する場合は既にそのポジションで欠員が発生している(または決定している)事の方が多くあります。募集開始の時点でその組織の中では無理な人員的やりくりをしている事も少なくありません。計画された採用のみでは組織運営が成り立たないのも事実です。

注意すべきは、その企業では常に人材が安定せず採用を行っているのか、または企業の成長故に継続した人材の確保が必要であるのか。その見極めこそが転職がチャンスとなるか、後悔となるかの分水嶺となります。

チャンスをつかむには

成長を続けるが故の求人を行う企業を見抜くのは簡単ではありません。

最も可能性が高い方法は質量による戦略、多くの企業に応募する事となるでしょう。しかし、その場合、現在の業務を抱えたままの活動は制約も多く思うような動きを取る事は困難でもあるはずです

転職における好機は、殆どの場合で何の前触れもなく、そして自覚出来ない物ばかりです。後悔の無い企業と出会うためには入念な段取り又はリスクを負う気構えが必要な場合もあると考えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました