転職に必要な自己分析

 あくまで一般的な理解となりますが、転職を成功させる最大の要因は自己分析セルフプロモーションです。特別な資格や専門性を求められる物で無ければ、その重要度はより増してきます。

ここでは、転職にあたって知っておきたい自己分析を中心に取り上げてみたいと思います。

徹底的に客観視してみる

 自己分析を行う為には、スキル・経験の棚卸から行うようにします。簡単に言えば、自分がどのような職業人であるのかを客観的に理解するための作業です。

ここで行うのは、個人の主観や環境を踏まえず、起こった結果とその実績だけを列挙する事が重要です。一切の言い訳を取り除き、結果だけを正確にとらえる事ができるのは自分だけだと考え評価します。

実務に関わる経験の棚卸

 自分が実際に携わって来た業務、そこで身に着けたスキル等をピックアップして棚卸

職務経験に関わる物【業務・職種の経験】
 ・どのような企業でどんな職種を経験してきたか?
 ・最も大きな希望の仕事はどんな仕事?
 ・業務や課題を担当してきたか。
 ・マネジメント・オペレーションの経験はどうか。

能力に関わる物【技術・知識・資格)
 ・制度運営や手法など、入社後覚えた技能
 ・公的な資格や専門知識の必要になるスキル
 ・機械設計・回路設計やプログラミングなど
 ・株式の公開・情報、または事業(会社)の立上経験
 ・業務に関わる業界や事業の専門知識

職務の経験とスキル・知識は項目として抜き出し、改めて分析する事をします。必ず行うのは、同種の業界や企業、職種のなかで得られる情報と比較する事は必要です。そして、自分自身が経験した業務のその結果となる実績はどうであったかを表現できるように組み立てておくと尚良いでしょう。

その他、会社や制度に影響を与えるような行動・実績はあったか、社内(部門)での成績がトップとなるような事があったなどは転職をする上で、自分の経歴にとって特記事項として扱える事柄と考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました